プロポーズするなら!大阪の婚約指輪ガイド

プロポーズするなら!大阪の婚約指輪ガイド

彼女が喜ぶ婚約指輪選びをサポート!大阪編

5秒で診断!彼女におすすめの婚約指輪ブランド

HOME読めば万全!婚約指輪の疑問解決コラム集婚約指輪と結婚指輪の意味に違いはあるの?

婚約指輪と結婚指輪の意味に違いはあるの?

婚約指輪と結婚指輪、それぞれが持っている意味の違いを説明しています。

何が違う?婚約指輪と結婚指輪

これからプロポーズをお考えのみなさん、婚約指輪と結婚指輪にはその意味に違いがあることをご存知ですか?

婚約指輪には「あなたと結婚します」という誓いの証として、また、結婚指輪には「あなたとつながっています」という夫婦の証としての意味があります。

では、それぞれの由来や意味を詳しく説明します。

婚約指輪の由来と意味

エンゲージリングとも呼ばれ、結婚を夢見る女性の多くが憧れる婚約指輪。そもそもの由来を紐解くと、そのルーツはなんと古代ローマまで遡ります。

古代ローマでは、約束の証として鉄の輪を贈る風習がありました。そしてその鉄の輪を、心臓に一番近いと考えられていた左手の薬指にはめたことが、婚約指輪の始まりです。

婚約指輪には宝石がつきもの。その中でも特にダイヤモンドが人気です。これにはとてもロマンティックな理由があります。

花言葉のように、石にもそれぞれに象徴的な意味を持たせる言葉があり、ダイヤモンドには「永遠の絆」という意味が込められています

また、ダイヤモンドは地球上で最も硬い石とされており、そのことから「固い絆で結ばれる」という意味も持たされています。

さらに、ダイヤモンドの多くが無色透明であることから、「純真無垢」という意味もあります。

婚約指輪は一般的には普段から着けるものではなく、パーティや友人の結婚式など、フォーマルな場面に限って着けている人が多くいます。

結婚の約束を交わした女性は、その指に着けられた指輪を見ることで、結婚への意識を高めるのだとか。結婚までの準備期間である婚約期間をより楽しむためにも、婚約指輪は大切なアイテムと言えます。

結婚指輪の由来と意味

一般的には結婚式を終えた男女が着ける結婚指輪。こちらもやはり古代ローマ時代に交わされた、約束の鉄輪が由来です。

古代ローマでは、左手の薬指は心臓に一番近い指と考えられ、その指に着ける指輪を互いに着けあうことで、お互いの心をつなぎ合うという意味があります。

また、途切れることのないリング(円)には、永遠と輪廻が象徴されており、結婚の誓いを立てた二人の愛が永遠に結びつくように、という意味も込められています。

一般的に普段から身に着けるものなので、ジュエリーショップで二人が気に入るものを購入することをおすすめします。

指輪選びのセンスに自信はありますか?

サプライズプロポーズでこっそり用意した婚約指輪を彼女に渡す…ロマンティックなシーンですが、案外リングに対する不満は多いんです。
「趣味が合わないので普段つけたくない。」「値段が安すぎてガッカリ。」「立て爪に憧れていたのに違った。」などなど。
あなたの選ぶ指輪は、彼女にガッカリされませんか?
婚約指輪で失敗しないためにコチラをチェック!

彼女が喜ぶ婚約指輪えらび診断>>