プロポーズするなら!大阪の婚約指輪ガイド

プロポーズするなら!大阪の婚約指輪ガイド

彼女が喜ぶ婚約指輪選びをサポート!大阪編

5秒で診断!彼女におすすめの婚約指輪ブランド

HOME読めば万全!婚約指輪の疑問解決コラム集どれがいい?素材の違い

どれがいい?素材の違い

婚約指輪に最適な素材はどんなものか、解説しています。

プラチナ・ピンクゴールド…多様化する婚約指輪の素材

婚約指輪の素材となる地金にはさまざまな種類があります。

国内で一番人気があるのはプラチナですが、最近ではピンクゴールドなどのゴールド系の婚約指輪も増えてきました。それぞれの素材の特徴を簡単にまとめています。

婚約指輪の王道・プラチナ

プラチナリングの例とある調査によると、婚約指輪の80%近くがプラチナで作られています。実際にジュエリーショップやブライダルショップの指輪カタログを見ると、そのほとんどがプラチナ製。これほどプラチナに人気が集まるのには理由があります。

それは、プラチナとダイヤモンドの相性が良いこと、そして、プラチナ特有の白い輝きがいつまでも鈍らないことです。

婚約指輪には宝石を使うことが一般的。その中でも品質の高いダイヤモンドを選ぶ男性・カップルが多くいます。

品質の高いダイヤモンドの色は無色透明であり、このダイヤモンドを白く光る貴金属、つまりプラチナと組み合わせることで、婚約指輪は無垢な光を放ち続けるジュエリーとなるのです。

可愛らしさをアピール・ピンクゴールド

ピンクゴールドリングの例近年では可愛らしい彼女の魅力をより引き出すために、ピンクゴールドの指輪を選ぶ人も増えています。

女性らしさや可愛らしさをアピールでき、優しい印象を持たせることができると人気が高まっており、ゴールド系の素材に力を入れるブランドもあるほど。

プラチナやホワイトゴールドなどの白い指輪をしていると、違和感がある場合は、ピンクゴールドの指輪がおすすめ。色合いが日本人の肌色にマッチするので、「THE婚約指輪」のような見た目にもなりません。

彼女が「婚約指輪はプラチナ!」という強いこだわりを持っていなければ、ピンクゴールドの可愛らしい指輪を贈ってもいいですね。

欧米では…

アメリカやヨーロッパではホワイトゴールドという、プラチナ同様白い光を放つ貴金属が婚約指輪の素材として一般的です。これは約70年前の世界情勢、特に第2次世界大戦が影響して、その期間はプラチナの生産量が激減したことに由来します。

大戦中に婚約するカップルは、入手困難なプラチナに似た輝きを持つ合金・ホワイトゴールドを用いて、婚約指輪としていました。その習慣が残っており、現代でもホワイトゴールドが主流となっているのです。

指輪選びのセンスに自信はありますか?

サプライズプロポーズでこっそり用意した婚約指輪を彼女に渡す…ロマンティックなシーンですが、案外リングに対する不満は多いんです。
「趣味が合わないので普段つけたくない。」「値段が安すぎてガッカリ。」「立て爪に憧れていたのに違った。」などなど。
あなたの選ぶ指輪は、彼女にガッカリされませんか?
婚約指輪で失敗しないためにコチラをチェック!

彼女が喜ぶ婚約指輪えらび診断>>