プロポーズするなら!大阪の婚約指輪ガイド

プロポーズするなら!大阪の婚約指輪ガイド

彼女が喜ぶ婚約指輪選びをサポート!大阪編

5秒で診断!彼女におすすめの婚約指輪ブランド

HOME輝け婚約指輪!愛の証ダイヤモンドの基礎知識ダイヤモンドの質

ダイヤモンドの質

このページでは、エンゲージリング/婚約指輪に選びたい良質なダイヤモンドを見極めるポイントを紹介します。

エンゲージリング/婚約指輪に選びたい良質なダイヤモンドとは

ダイヤイラスト永遠の誓いの証として恋人に贈るダイヤモンドは、なるべく良質なものを選びたいですよね。

その品質を見極める基準のひとつに、「4C」があります。

COLOR(カラー)

透明に光り輝くダイヤモンドですが、実際にはかすかに黄色味を帯びています。

価値基準としては無色に近いほど美しいとされ、 高く評価されます。

無色~薄い黄色まで、23段階のランクが存在します。

CARAT(カラット)

ダイヤの重さを表す単位で、重くなればなるほど、希少価値が高くなります。

「1カラット=0.2g」で、ちなみに昨今の婚約指輪の平均は、0.3カラットだそうです。

CLARITY(クラリティ)

こちらはダイヤモンドの透明度を表す基準です。傷やカケ、不純物などが少ないほど価値が上がります。

ただし、ある程度のランク以上なら、肉眼で欠点が見えることはありません。

CUT(カット)

上記3つとは異なり、カットは人の手によって施される要素。

表面の研磨状態や、上下左右の対称度で評価された、5段階のグレードが定められています。

職人の技次第で、ダイヤの輝きに差が生まれるのです。

輝きに特化した評価にも注目

近年、上記の4Cのほかに、ダイヤモンドの「輝き」を評価する新たな価値基準が生まれています。

これはイスラエルのダイヤモンド測定分析装置開発製造会社・サリネ社が開発したサリネライトで測定されるもので、

以下4つの「輝き要因」が評価されます。

  1. Brilliance(ブリリアンス)…ダイヤモンドから放たれる白色光の輝き
  2. Sparkle(スパークル)…ダイヤモンドあるいは観察者が動く際に現れるきらめき
  3. Fire(ファイヤ)…ダイヤモンドから放たれる鮮やかな虹色の輝き
  4. Symmetry(シンメトリー)…ダイヤモンドから反射される光の分布の対称性

この4つの要因を総合的に評価した上で、5段階のランク【Ultimate→Very High→High→Standard→Low】が付けられます。

さらに、各ランクごとに1つ星から3つ星までの詳細なランクがあり、最終的に12のランク付けがなされるようです。

いかがでしたか?

ひと口にダイヤモンドと言っても、そこには品質の差があります。

大切な人に、より良いダイヤモンドを贈るために、知識を深めてくださいね!

指輪選びのセンスに自信はありますか?

サプライズプロポーズでこっそり用意した婚約指輪を彼女に渡す…ロマンティックなシーンですが、案外リングに対する不満は多いんです。
「趣味が合わないので普段つけたくない。」「値段が安すぎてガッカリ。」「立て爪に憧れていたのに違った。」などなど。
あなたの選ぶ指輪は、彼女にガッカリされませんか?
婚約指輪で失敗しないためにコチラをチェック!

彼女が喜ぶ婚約指輪えらび診断>>